ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

なぜプログラミングに挫折してしまうのか?

プログラミングを習得したい!という人はすごく多いけど、独学でフリーのエンジニアになった!起業した!という人はとても少ないです。それは何故なんでしょう?

 検索してみたら簡単に勉強希望者が見つかります。マーケティング天国な時代になったものですね笑。こういう勉強したい人と触れ合っているうちにあることが分かりました。

 

プログラミングは英語と同じだ

実はプログラミングは英語ととても似ています。プログラムもプログラミング言語って言いますしね。でもそれだけではありません。希望者が抱いている未来像や目標も似ています。例えば、英語を習得したい!って人は、

  • 海外旅行でいつも喋れないで苦労してる。喋れたらもっと楽しくなる!
  • 英語話せる人がカッコイイ!
  • 将来は通訳になりたい
  • これから先のキャリアに英語は必須でしょ?
  • 論文読み書きしないといけないので。。
  • 起業したいから。国内市場ではなく世界市場で展開したい

いやもう挙げればキリがないですよ。これだけ未来像がバラバラな人たちを集めて同じ講義を実施しても脱落者が大量に現れます。では、プログラミングはどうでしょう?

  • プログラミングできたらカッコイイ!
  • あのアプリ不便だから自分で使いやすいやつを作りたい!
  • こんなサービスを自分で作りたい!
  • 起業したいから
  • 仕事で必要なので。。

なんか似てる。。こっちも同じで未来像や目的がバラバラな人たちを集めて同じ講義を実施しても脱落者が大量に現れます。事実、プログラミングの学校でも脱落者はかなりいます。途中で挫折してしまうのです。これは大学でも同じです。

 

何からやれば良いのか分からない

英語は義務教育で学びます。つまり誰でも勉強したことはあるんです。しかし、プログラミングはそうではありません。それで何からやれば良いか分からない人がとても多いです。

あ、何からやれば良いかは別の記事とさせてください笑。

 

独学支援のサービス使っても挫折するの?

プログラミングを勉強できるサービスが最近次々と現れています。例えばこういうとことか。

prog-8.com

 今んとこ、個人的にはこういうサービスを使って独学でプログラミングを身に着けたという話は聞いたことありません。結局独学しやすい環境が整ってきているだけで、最終的には個人の問題なんだと思います。本だけで英語喋れるようになる人もいれば、英会話教室に通ってもさっぱりな人がいるのと同じです。

次は挫折しないためにはどうすれば良いかを考えてみます。