読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

就活の志望動機の注意点!参考書や本を鵜呑みにするな!

就活

f:id:hazakurakeita:20150731004125j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

就活の面接で必ず聞かれる質問、志望動機。なぜあなたは弊社で働きたいと思っているのですか?競合他社さんでもそれはできますよね?…はい。これらの答えに模範解答なんてあるのでしょうか?

 

高校生がもしあなたの大学が第一志望だとしたら?

いきなりですが、三人の高校生があなたの大学を志望しています。高校生たちは第一志望の大学生であるあなたに目をキラキラさせています。
 
Aさん「私は先輩の大学が第一志望なんです!カリキュラムがとても魅力的で、特に成績上位者の留学支援制度がいいですよね!私はそれを利用して留学したいんです!」
 
Bさん「私は先輩の大学が第一志望なんです!だって駅から近いし、バイトも色々ありそうじゃないですか?それに就職にも強いからいいですよねー」
 
Cさん「私は先輩の大学が第一志望なんです!小さい頃に見た検事のドラマが大好きで、昔から法学部って決めていたんです!先輩の大学に⚪︎⚪︎教授っているじゃないですか?あの人のゼミに入りたいんですよねー」
 
恐らく面接官はBさんに良い点数を付けません。Aさんも自社をよく調べていると良い評価を得られる可能性がありますが、それって弊社じゃなくてもいいですよね?となる可能性があります。一方でCさんは志望動機に具体性がないものの、人として好感を持てます。純粋に自社に興味を持ってくれてるんだなと感じるはずです。Aさんは志望動機が論理的である分、論理的な質問返ってくることで第一志望が嘘であることがバレるかもしれません(本当に第一志望でも言葉に詰まる可能性があります)。また、制度を志望理由とすると受け身の印象を与えかねません。まあ、これは大学の志望理由なんでいいんですけどね。一方で、Cさんは論理的でない分、そのドラマのどういうとこが良かったの?と会社以外のことが話題になる可能性があります。そうなるとこっちの土俵となるので、自然と会話は盛り上がります。
 

自然体が一番

結論から言うと、やはり面接は自然体が一番です。僕も最初は面接に落ちていましたが、第一志望に最終面接で落ちて吹っ切れました笑。その後は思ったことを素直に答えていたら面接10連続くらいで通過しました。その後一度も落ちなかったのです。こんなこと言ったら失礼じゃないか?正直すぎるんじゃないか?と思うこともあるでしょうが、基本的に大丈夫です。学生に期待しているのは若々しさなので、むしろ若干失礼なくらいが愛着が湧いて人間性の評価が高くなると思います。仮面を被って模範回答しかしない学生を欲しいと思うでしょうか?そんな会社、入社しても社員をただの部品としか思ってない会社だと思いますよ。