読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

グリー、103億円の最終赤字に転落 大幅な減収減益も営業利益率は今なお高水準

経済

f:id:hazakurakeita:20150805225412p:plain

グリー、103億円の最終赤字に転落 大幅な減収減益

www.itmedia.co.jp

 グリーが8月5日発表した2015年6月期通期の連結決算は、最終損益が103億円の赤字に転落した。前期は173億円の黒字だった。買収した米ゲーム開発会社が低迷したころからのれん代を減損損失を迫られた上、売上高も大幅に落ち込んだ。
 売上高は26.4%減の924億円。国内は「消滅都市」などが貢献したが、海外ネイティブゲームが軟調に推移し、予想を下回った。営業利益は42.2%減の202億円だったが、コスト管理の徹底で予想は上回った。
 最終赤字は、米Funzioののれん代償却として142億円を特別損失に計上したことが響いた。個別では138億円で買収したポケラボ株式の評価損130億円なども計上した。ただ、ネット資金は前年から222億円増の764億円へと積み上がっており、財務基盤は強固だとしている。
 今期はスマートフォン向けネイティブゲームで通期15本のリリースを目指し、ヒット作品の創出で売り上げ反転を目指す。
 今期の第2四半期までの見通しは、売上高が前年同期比26.3%減の365億円、営業利益は46.0%減の60億円、最終損益は35億円の黒字を見込む。

 

営業利益率は今もなお20%

非常に厳しい反応がされていますが、正直商売はまだまだ大きな利益を出しています。その営業利益率はなんと20%。売上が920億円に対し、営業利益は220億円も出しています。これはすごい数字です。業績絶好調のトヨタ自動車も営業利益率が過去最高を記録し、大喜びしているのですが、それでもようやく営業利益率は10%なのです。

www.nikkan.co.jp

 

日本企業の営業利益率ランキング

昨年の営業利益率ランキングを見てみると、グリーは14位となっています。大幅減益の今年の営業利益率でも昨年の24位相当の数字です。今なお日本を代表する高収益企業であることに変わりはないようです。

 

ではなぜここまで厳しい反応なのか

やはり業績が右肩下がりだからでしょう。業績の下げ止まりが見えません。来年も減収減益予想となっています。業績が下がっているということは、今後も株価は下がる可能性が高いことを意味しています。このため、営業利益率が高くても投資家はグリーの株を買いませんし、持っている人は売って将来性の高い企業の株を買います。この負の連鎖で株価は下がり、世間の評判もネガティブなイメージとなっていきます。同様に業績が苦戦しているDeNAは、このイメージを横浜ベイスターズが良い感じで緩和しているのかもしれません。だとしたら、DeNAの経営陣はグリーより上手なのかもしれませんね。

 

しかし、ここまできて営業利益率20%なのですからソーシャルゲームというのは本当に恐ろしい業界ですね…笑