ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニアによる雑記ブログ

今時の若者は不動産を買わない。買うのって富裕層かおじさんだけでしょう?

f:id:hazakurakeita:20150809210937j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

 高知県在住の著名ブロガー、イケダハヤトさんが35年ローンとかありえないという記事投稿したことがきっかけで、不動産購入の賛否が盛り上がったのが先日。僕もその気になれば35年ローンはすぐに組めると思うのですが、不動産を買う気は今の所まったくありません。必要ですかね?

 

なんのために買うのか

なぜ賃貸じゃダメなのでしょうか?買ってしまうと、その場所に永住確定です。貸せば良いという人がいますが、そんな簡単に貸すことなどできません。借り手が見つからず、ローン返済だけが続く赤字資産になるリスクがあります。そもそも35年ローンを組んで買ったものを資産運用して考えるのには無理があります。需要があるとこを買うのが重要って、そんなん35年ローンでも買えないわ!笑

なので、不動産を買うなら転勤なしで終身雇用で生涯安定の企業でないとダメです。これに当てはまる人って結構少ないと思うんですけど、どうなんでしょう?今時潰れない会社なんてのもないですからね。東電ですらこんなことになってしまいましたし。

 

老後が心配じゃないか!!←親も賃貸なの?

老後も家賃を払うのは重いのは分かります。ただ、僕は親と祖父母の不動産があります。いずれはどちらか、あるいは両方を引き継がなければなりません。それでいて自分の不動産を保有していると管理費だけでどうなってしまうのか。引き継ぐほうも古くなるからなんとかしないといけないだろうに。だから僕は不動産はあまり欲しいとは思いません。ましてや35年ローンを組んでまでねえ。皆さんは両親は賃貸なのでしょうか?不動産保有ならそっちの引き継ぎや修繕、メンテナンス費を将来負担しなければならない可能性も考えたほうがいいですよ。

 

買った瞬間に大幅な含み損になってしまうものなんて買えない!

資産には色んなものがあります。現金預金は保有していても減りませんし、株や金なども買った瞬間値下がりすることはありません。しかし、不動産は買った瞬間に値下がりします。3千万で買ったマンション、3千万で売れません。買った時点で数百万円の含み損になってしまうのです。借金の評価額は変わらないのに。

これがインフレが続く海外であれば話は別です。買った瞬間はどうなのか知りませんが、何年か経つと買った時より高くなることもあります。日本は時間が経てば経つほど更に下がっていきます。だから価格が上がる、または下がらない不動産を買えという人がいますが、だからそんなん35年ローン組んでも買えないわ!笑。

さらに、日本は人口減少社会に突入しています。不動産の需要は今後下がる一方です。これも不動産価格の下落圧力となります。もうこんなん買えないわ!

 

不動産の下落リスクはどのようなものか?

個人的には国内の世帯数が減少するので、不動産は供給過剰になると考えています。特に地方は人口が半減する場所もありますから、場合によっては、そういうとこの中古物件を将来安値で買い叩けばいいかなと思ってます。

調査レポート -金融・経済-|NRI 野村総合研究所

 ちょうどホリエモンが上記のように不動産に言及していたので、この不動産の下落リスクについてご意見を伺ってみました。

 はい、同意いただけませんでしたwww

確かに都心の一部なんかは一定の下落圧力こそあれど、下がれば外国人による押し目買いが入るかもしれません。また、今後海外旅行客の増加がさらに進めば、場所によってはミニバブルが発生するかもしれないですね。

いずれにせよ、今はまだ買い時ではないと個人的には思ってるので静観しまーす。