読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

機械化や自動化は日本が直面する人口減社会問題の救世主になる

f:id:hazakurakeita:20150811114911j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

Googleの自動運転など昨年あたりから急速に自動化の話題が増えてきています。実際に、近い将来多くの仕事が自動化され、失業に追い込まれる人が社会問題化するだろうという記事や声が多く出てきています。しかし、僕はこれは決してネガティブな流れだとは思っていません。むしろ日本にとっては救世主となり得るのではないでしょうか。

gendai.ismedia.jp

matome.naver.jp

lrandcom.com

 

日本の労働者不足問題が深刻になりつつある

少子高齢化社会が進み、経済界では労働人口の減少が問題視されています。今までは製造業の工場海外移転の主な理由はコストの削減でした。しかし、ここにきて人員確保が困難だからという理由も現れてきています。IT企業もオフショア開発を選択する理由の多くが当初コスト削減でしたが、今後は人員確保が国内で困難であることも理由の1つになっていくかもしれません。

toyokeizai.net

matome.naver.jp

 

労働者不足を解決するために大量の移民を受け入れるのか?

労働者不足を解決するために移民受け入れの話があります。個人的にこれは短絡的な解決策だと考えています。

net.keizaikai.co.jp

diamond.jp

www.nikkei.com

「人が足りないから人を入れてしまえ」という論理が多いと感じています。まずは「人が足りないからやり方を変えよう」が先に来るべきです。建築業など一部ではその余裕もないかもしれません。しかし、それもこれも今まで放置してきたしっぺ返しなのんですよね。。

そもそも最初に上げたように、多くの仕事が機械や自動化にとって代わります。受け入れた多くの移民はたった数年で失業に追い込まれる可能性があります。そしたら「帰れ」というのでしょうか?リーマンショックの際に、多くの南米からの出稼ぎ労働者が解雇になりました。そのとき、日本で生まれ育った子供はすっかり中身は日本人になっていました。突然母国に戻れといわれても、子供にとって現地の不安は相当なものです。そんな使い捨てで移民導入するのはあまりに短絡的で無責任だと思うのは僕だけでしょうか?やはり労働人口減少に対しては、大量の移民を受け入れるのではなく、機械化や自動化を進めていくべきだと考えています。

 

機械化や自動化は大量の失業者を生んでしまうのか?

 機械化や自動化により多くの失業者を生むというのが一般的な懸念事項です。しかし、本当にそうなのでしょうか。例えば、完全な工場の無人化は製造業の国内回帰を生むと考えています。工場をほぼ無人化しているFANUCは製品の多く(全部?)を国内で製造しています。CANONも工場の無人化を発表しました。

www.nikkei.com

blogos.com

無人工場は雇用を生まないという批判もあります。しかし、多くの製品で無人工場が可能になると、海外移転していた工場の多くが国内に戻ってきます。するとどうでしょうか、工場が移転してきた地方自治体の税収は増えます。製造業の国内回帰が始まれば全体の税収押し上げ効果は大きいのではないでしょうか。そのお金で国や地方自治体が新たな産業育成をすれば雇用を生むことは可能だと思います。そもそも海外に工場があっては雇用も税収も生まないのですから。

これは機械化や自動化によって変わる仕事にも同じことが言えます。例えば、自動化により全国のスーパーからレジ打ちのバイトやパートが消えます。これにより失業者が大量に発生しますが、多くのスーパーの業績は向上します。これにより、国や地方自治体の税収は増えます。この税収を使って新たな産業を育成する。この好循環が大切だと考えています。また、そもそも労働人口が減少しているわけですから、レジ打ちで失業した人は、他の仕事の供給不足を改善するというメリットもあるわけです。

 

以上から、僕は機械化や自動化は日本を救うと考えています。機械が人間から仕事を奪うというのではなく、機械が人間を仕事から解放すると考えてみるのはいかがでしょうか?