読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

FXで借金が発生するカラクリとは?実は絶対に借金しない方法もある!

f:id:hazakurakeita:20150805225412p:plain

FXは怖い。なぜなら失敗すると巨額の借金を抱えることになってしまうから。でも何故そんなことになるのか考えたことありますか?実はやり方によっては、絶対に借金が発生しない取引方法もあるんです。

 

そもそもFXってなによ?

FXとはForeign Exchangeの略称です。直訳すると外貨取引でしょうか。日本語では外国為替と呼びます。実はこれ、海外旅行でお金を現地の紙幣に両替するのと同じです。

例えば、Aさんがアメリカに旅行に行くことを考えてみてください。アメリカでは日本円は使えません。Aさんは日本円をアメリカドルに両替します。このとき、1万2千円を100ドルに両替しました。しかし、Aさんはアメリカでの買い物は全部クレジットカードで済ますことができました。このため、Aさんは帰国時に100ドルを日本円に両替します。すると、1万3千円になって返ってきました。Aさんは1千円の利益が出ました。実は、これも立派な外国為替による利益です。ドル円レートは常に変動していますから、このレートが変わることにより、利益がでたり損が出たりするのです。

 

 両替したときにお金がゼロになることってあります?

ちょっと待ってください。海外旅行から帰ってきて、現地通貨を日本円に両替するときに「すみません、両替するとゼロ円になりますよ?」って言われることはあるのでしょうか。当然ありません。ゼロ円になるということは、日本円の価値がゼロになるということです。それは日本の紙幣が紙くずになったことを示します。

あれ?じゃあなぜFXではゼロ円を超えて借金が発生してしまうのでしょうか?全然意味が分かりません。両替でなぜ借金が発生するのでしょう??

 

 実は多くの人が借りたお金で取引をしている

レバレッジって言葉聞いたことありますか?これって簡単に言うと借金をするという意味です。FXをやっている人は皆んなこのレバレッジを使っています。借金する量は人それぞれですが、量が大きいほど、当然失敗したときの額も大きくなります。

例えば、Aさんは100万円を使ってFXを始めたとします。Aさんが利用するFX業者は、レバレッジ4倍での取引を許可しています。レバレッジ4倍というのは、取引額の4倍までお金を貸してあげますよという意味です。Aさんは自己資金の100万円に加えて、FX業者から300万円借りて取引できます。つまりAさんは400万円使って取引できるのです。自己資金の4倍で取引できるわけですね。

さて、Aさんは早速400万円をアメリカドルに両替します。400万円の日本円は4万ドルに両替されました。そこからしばらく放置していたAさん。気がつくと大きく円高になってしまいました。慌ててAさんはアメリカドルを日本円に両替します。すると、4万ドルは日本円の280万円に両替されました。ここでFX業者がAさんに連絡してきます。「お客様、取引終了されましたよね?貸した300万円を返却してください」。しかし、Aさんの手元には280万円しかありません。Aさんは自己資金の100万円を失っただけでなく、20万円の借金まで背負ってしまいました。これがFXで借金が発生するカラクリです。

 

なんで借金してまで取引するの?バカじゃないの?

多くの人が借金してまで取引するなんて有り得ない!って言いますね。確かにそうかもしれません。しかし、借金して取引することで巨額の富を築いたひとも多くいます。例えば、「借金して飲食店を開店し、お店は大繁盛。今では全国100店舗まで成長させた実業家」と聞くとどう思いますか?これに対しては「借金してバカじゃないの?」と思う人はあまりいませんよね。基本的にFXも一緒です。まあ、博打に近いですが。

でも考えてみてください、借金して取引するからFXで巨額の借金が発生するんです。ということは?

 

FXで絶対に借金が発生しない方法

簡単です。レバレッジを使わないことです。つまり、自己資金100万円であれば100万円で取引するのです。これなら日本円が紙くずになってもゼロ円にしかなりません。借金は発生しないのです。

FXを外貨預金より安全かつ有利に使う方法-iFinance

つまりこれは外貨預金と同じ状態になります。しかも、取引手数料などの観点から外貨預金よりもメリットが大きいのです。レバレッジなしで取引できるFX業者は限られていますが、現金預金の一部をFXでアメリカドルやユーロで保有しておくというのは賢い選択だと言われています。

 

FXは借金が怖いからやらない!と言ってた皆さん。ちょっと勉強してみる気になりませんでしたか?