読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

天津大爆発 なぜ化学火災に放水してしまったのか?

時事 化学

f:id:hazakurakeita:20150819193702j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

ようやく少しずつ情報が出てきました、中国の天津の爆発事故。大爆発の原因は化学火災であるにも関わらず、消防隊が放水してしまったことにあるようです。

toyokeizai.net

 

水で爆発することなんてあるの?

水も物質なので、他の物質と反応することは普通にあります。例えば、水にナトリウムを入れると、水とナトリウムが化学反応を起こして水素が発生します。また、この化学反応によって大きな熱を発生させます。すると、その熱により発生した水素と空気中に含まれる酸素が化学反応を起こして爆発します。

www.youtube.com

 

 なぜ化学火災なのに放水してしまったのか?

どうも許可を取らずに、または許可された量を大幅に超えた化学物質を貯蔵していたようです。ということは、化学物質が保管されていることはデータとしてありませんから、消防隊は放水してしまったのでしょうか?

www.yomiuri.co.jp

 

で、やっぱりそうでした。消防隊員は放水が危険である化学物質が現場にあることを知らなかったようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

今回の事故により100名近い消防隊員が亡くなったそうです。防護服を着ているにも関わらず前身黒焦げになった方もいるみたいですね。御冥福をお祈りいたします。

しかし、本当になぜ化学火災に放水してしまう結果となってしまたのでしょうか。シムシティですら危険物火災は通常の消防隊では消火できないことになっているんですがね…。化学物質が保管されていることがちゃんと登録されていたら今回の事故は起きなかったかもしれません。

シムシティ

シムシティ