読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

大企業では真面目に働くほうが損をする? | シャープ、離れる人心 希望退職でギスギス

f:id:hazakurakeita:20150827230652j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

シャープが希望退職を募集しましたが、目標人数に到達しなかったそうです。そこには次の職が見つからない不安から退職勧告を固辞するおじさん達が多かったからと言います。しかし一方で、実は次のフィールドを望む優秀なおじさん達は逆にシャープが退職拒否しているそうなのです。

 

 

希望退職は企業の競争力を奪うと一般的には言われているが?

希望退職は次の職にメドが立つ優秀な人材から辞めると一般的に言われています。このため、次の職が見つからない会社にしがみつく人間だけが会社に残り、一時的に業績は回復してもジワジワと衰退していくという企業が多いのも事実です。しかし、今回のシャープの希望退職のニュースを見て驚きました。次のような話があったのです。

一方、会社に見切りをつけても応募できない社員も少なくない。ある40代後半の男性社員は会社の先行きに失望し、希望退職に応募する意向を示したが、会社の評価が高い人材だったことから、上司から「希望退職の適用ができない。やめるなら自己都合になる」と言われ、割増金のないままの退職を断念したという。

 なんと、人事評価が高い社員は退職金の割増がないどころか、希望退職なので退職金をカットするというのです。優秀な人材を残すという意味では当然の行動なのですが、これって社員からするとトンデモナイ話だと思いませんか?

  •  仕事の成果が低いひとは、会社が傾いたら退職金を予定より多くもらって脱出できる
  • 仕事の成果が高いひとは、会社が傾いても退職金は多く支払われない
  • 仕事の成果が高いひとは、会社に残っても基本給や賞与のカットが続く

正直やってられないですねー。優秀な人材は会社と心中しないといけないんですかね。会社は辞めるなとは言う一方で、基本給と賞与の一律カットを実施するわけですよ。今まで頑張ってきたのは何だったんですかね。

 

どうしてこのようなことが起きるのか

単純に正社員を解雇するのが大変だからです。世の中には違法に社員を解雇するブラック企業もあるそうですが、一部上場の大企業はそんなこと許されません。実際には業績が大幅に悪化してるので、ある程度強引に解雇することも可能みたいです。しかし、一般消費者向け製品のメーカーなので、ブランドイメージの毀損も気にする必要があるのだと思います。

このような問題を解決するために、安倍政権は一時解雇規制緩和を検討していましたが、激しい反対にあって頓挫してしまいました。確かに一定の効果はあると思うんですけど、デメリットもあるので良し悪しは難しいところです。とりあえず政府は、まずブラック企業の駆逐から進めることにしたみたいです。本当に駆逐できているのかは知りませんが。。。

 

しかしこんなことなら、真面目に働くのは負けって感じですよねー。