ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

イスラム国は欧州の国内問題の様相を呈す|ISISとパリ攻撃

f:id:hazakurakeita:20151123223358j:plain

jp.reuters.com

テロはどのような理由をもってしても肯定することのできない卑劣な行為です。しかし、犯罪者を死刑にしても犯罪が世の中から無くならないのと同様に、テロリストやその組織に激しい報復攻撃を行ってもテロはなくなりません。相手が国ではないので、降服という概念がなく、せいぜい弱体化くらいしか達成できないからです。そんな混沌とした情勢に日本も安保法、集団的自衛権を行使してテロ集団、組織と戦う可能性があります。テロリストは人類の敵。ではイスラム国も同じなのでしょうか。

 

テロ実行者の多くが欧州出身者

欧州は移民、難民受け入れ先進国であり、先進国クラブに加入している日本も長年移民と難民受け入れを強く要求され続けてきました。しかし2005年に事件が起こります。

2005年パリ郊外暴動事件 - Wikipedia

北アフリカ出身の若者が警官に追われ、逃げ込んだ変電所で死傷してしまいます。ここからフランス全土に暴動が広がっていきました。フランスは高度成長期に労働力として移民を大量に受け入れたものの、現在移民二世や三世の失業率は40%を超える地域もあるとのこと。その原因には根強い人種差別があるとされています。

では今回のようなテロ事件はどうでしょう。フランスだけに限りませんが、人種差別や厳しい貧困に苦しんでいた移民二世・三世がテロリストに生まれ変わるという流れになっています。ということはこれ、国際問題というより国内問題なんではないでしょうか。

地域格差と地域雇用(:2007年1月)|フォーカス|労働政策研究・研修機構(JILPT)

 

日本が深く関与するのは違和感

安保法の成立もあって、自衛隊がISISと戦闘状態になるのではないかという声が少なからずあります。

toyokeizai.net

でも安倍さんは自衛隊派遣は否定しています。

news.tv-asahi.co.jp

なので今のところテロに対する非難声明を出す程度の対応ですが、それでいいと思います。これ以上クビを突っ込むのは違和感しかありません。

 

でも日本人も殺されているじゃないか

こういうこと言うと、日本人も実際に殺されてるのだから他人事ではないと言うひとがいます。確かにそうなんですが、だからといって軍事力行使の理由にはなりません。先日ブラジルで犯罪グループに日本人が二名殺害されましたが、それによって日本が軍事力行使することはありませんし、できません。基本的にISISも同じです。結局彼らも犯罪グループなので、彼らに軍事力を行使することはシリアやイラクに対する軍事行動になるため完全にアウトです。

 

 

とにかく中東問題は第二次大戦で欧米が作った負の遺産みたいなものですから、あまり日本が関わる必要はないというスタンスです。とはいえ、現地では日々人が亡くなっているわけですから、仲裁に入るとか、人道支援には全力を安倍政権には尽くしてもらいたいと思います。先進国クラブの一員として武力参加、肯定なんてしちゃダメですよ。

 

おしまい。