読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニア(C#er)による雑記ブログ

奨学金を借りるしかないって考えは気が狂ってる|奨学金自己責任問題

経済

f:id:hazakurakeita:20151021234558j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

今朝こんな記事がツイッターで流れてきました。多額の奨学金返済は自己責任で済まされる問題ではない、日本学生支援機構も強硬手段すぎるというもの。まあ、学生支援機構が厳しすぎるのではないかという話は分かりますが、前者の自己責任論には賛否あります。基本的に自己責任論は何の意味もなく、何の解決にもならない無駄な主張です。でも「かわいそうだから何とかしよう!」というのも左寄り過ぎだと思いますよ?

lite-ra.com

 

左派の主張「奨学金は借らざるを得ないもの、だからもっと優しくするべき」

そもそも奨学金は借りるしかないものという発想はおかしいですね。この記事の主張では、今や高卒求人は微々たるもので大学に行くしかないのだと書いています。でも就職厳しいから借金500万円しろって指導は気が狂ってるとしか思えません。それなら就職決まるまでバイトしながらハローワークに通ったほうがよっぽど安全なんじゃないでしょうか。よっぽど就職力の高い大学に進学できるならともかく、就職できないから大学に行こうっていうのは問題の先送りで、3年後に新卒就活市場で痛い目を見ますよ。さらに500万円の借金付き。そこからフリーターになるなら高卒でフリーターになって正社員登用目指したほうがよっぽど健全じゃないですか?

 

そもそも500万円も借金して大学いく意味あるのか?

そもそも、自宅から国公立大学に通えば500万円もかかりませんね。年間授業料60万円×4年間+入学金20万円=260万円です。1ヵ月当たり5万4千円くらい。このくらいの額なんて大学生でもバイトで稼げますよね?なんで500万円も借金が残るんでしょうか。ましてやそれで就活失敗して返せないなんていうのは自己投資の失敗です。制度にギャーギャー文句言う前に自己投資の失敗を少しは反省してほしい。

ただし、先の記事では卒業後病気になった返済困難になった人も紹介されていました。こればかしはどうにもならないですね。日本学生支援機構はもうちょっとちゃんと学生を支援してほしいです。卒業したら学生じゃなくなるから厳しくなるのか?

 

中には奨学金で運用益を上げている人もいるらしい

今奨学金の利子ってとんでもなく低くなってるんですね…。今や定期預金でも利益でてしまうらしいですよ。有り得ん。。するとこんな話がでてきます。

 あとはウソかホントか分かりませんが、運用している人がいるとか

togetter.com

 

そういえば僕も学生時代に、親が自動車の買い替えに奨学金の利用を検討したことがありました。銀行のローンよりも利子が低いからと。しかし認められませんでした…笑。

 

おしまい。