ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

Vonvonアプリ「私が Facebook 上で、よく使う言葉は?」というサービスは安全なのか?

f:id:hazakurakeita:20151209215520j:plain

Vonvonというサービスが提供しているサービスを使うと、自分がFacebookでよく使う単語をサーチして面白く画像でまとめてくれます。皆さんのタイムラインにもこのサービスのシェア画像がたくさん表示されているのでは?しかし一方で個人情報が抜かれる!という心配の声も聞こえました。果たして安全性はどうなんでしょう?
 

Facebookで取得できる情報とは

Facebookの情報を取得するにはFacebook SDKという開発キットを使用するしか基本的に方法がありません。例外なくVonvonもFacebook SDKを使用していると思います。このSDKの仕様を調べれば最大でどれだけの情報を取得できるのかが分かります。簡単に箇条書きすると以下の通り。
  • ID (Facebook固有のIDであってログインIDではない)
  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 学歴
  • メールアドレス(個人設定で公開に設定してなければ取得不可)
  • 居住地
  • 支持政党
  • 宗教
  • 運営しているWEBサイト
  • 職場

などです(全部挙げるのめんどくさい)。

しかも入力してなければ何も取得できません(当たり前か)。支持政党なんて入力してる人なんているんでしょうかね。先の記事で指摘されている友人リストなんかは取得不可能です。昔は取得できたんですけどね。裏技で取ることもできなくはないですが、すぐにFacebookから削除されます。ただし、同じアプリを使用している友人一覧は取得できるので、皆が使えばそれなりの友人一覧は取得できるかもしれません。でもそれでも一部ですからね、指摘されている内容とは結構違います。というか、そもそも個人情報を他者に提供して怒られるべきはFacebookであり、Facebookは簡単に個人情報を提供していません。むしろ厳しくなってきています。
 

そもそも抜かれてマズイ情報をFacebookに投稿しているのか?

安易に危険なアプリやサービスを使うなという前に、流出してはマズイ情報がFacebookにアップされてることを気にした方が良いかと思います。でもそんなに重大な個人情報はFacebookにアップしていないはずです。住所も市町村までで番地や部屋番号まで書いてる人いないですよね。電話番号はデフォルトで非公開になっていてFacebookは他者に提供しません。

取得されて悪用するには情報が足りない気がします。取得できる詳細な情報は氏名と誕生日と顔写真くらい。顔写真も自分の顔が映ってなければ名前と誕生日。これじゃ何もできません。

 

Vonvonは信用できる会社なのか?

この会社を紹介する記事がありました。

thebridge.jp

なかなかのやり手韓国人みたいですよ。悪徳業者ではなさそうですね?信用できるかはともかくとして、しょーもない日本人が個人情報目当てでやってるわけではなさそうです。先に米国で広がったみたいですね。その米国?でも日本と同様の指摘がされているみたいです。そこにも英語で友人リストが抜かれると書いてあります。だから友人リスト取得できないってーの。

 

結論としてはこのサービスは危険ではないと思います。不安を煽るプロパガンダ記事はPV稼ぎの煽りタイトルなのかもしれませんね。何か間違ってたら教えてください。

 

おしまい。