ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

I cannot speak Englishは本当に間違っているのか?|Cannot or Don't

f:id:hazakurakeita:20160109004234j:plain

ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロード

私は英語が話せません。

これを英語で言うと I cannot speak English. と中学校では学びました。しかし、今回の投稿は I cannot speak Englishは本当に間違っているのか?についてです。え?間違ってるなんて話あるのって?そうなんです、あるんです。

 

Canは潜在能力があるかを意味する単語である

日本の中学校では「Can」を「できる」と教えます。「Cannot」はその否定なので「できない」と教えます。(ちなみに「Can't」よりも「Cannot」のほうが一般的なはずなので、ここでは全て「Cannot」に統一しています。)しかし、「Can」は「潜在能力がある」というニュアンスを含んでいます。このため、I cannot speak Englishは「私は英語を話す能力が一切ないので、勉強しても話せません」といったニュアンスになるという話があるのです。

 

では何て言うの?

I don't speak Englishが正しいという話があります。意外ですね。中学校の試験でコレを書くとバツをもらいそうです。僕も以前はこの話を聞いてからI don't speak Englishと言うようになりました。

 

しかし英語でI cannot speak Japaneseと言われた

しかしある時また分からなくなります。インド人と話しているとき、I cannot speak Japaneseと言われたのです。あれれ?確かに彼は日本語はほとんど話せませんでしたがどうなんでしょう?もしかしたら「日本語難しいから僕には勉強しても無理だよ」というニュアンスを含んでいたのかもしれません。しかし、他のインド人も結構「Cannot」を使うんです。彼らからは「潜在能力がある」というニュアンスを含めて使っている印象はあまり受けません。

 

そもそも英語は色んな種類がある

インドは元々イギリスの植民地だったので、イギリス英語とアメリカ英語の違いか?とも思いました。例えば、CenterとCentre、colorとcolourなどスペルすら違うこともありますし。しかし、英語が苦手な僕には結論は導くことができませんwネットで調べてみても諸説あってよく分かりません。結局のところ、I cannot speak Englishが無難なような気がしてきました。まあ、相手からすると「いや、英語喋ってんじゃねーか」って思うこともあるらしいですけどね。

 

ちなみに仕事仲間のインド人は「miss to」で「~するのを忘れてた」と言いますが、これは文法的に間違いだそうです。しかし、彼だけでなくインド人の間で広く使われているのであれば、インド英語の文法と呼べるのかもしれません。いやー、英語って奥が深いですね。

 

おしまい。