ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

英国がEUを離脱(Brexit)へ|なぜイギリスは欧州連合を離脱したいのか

f:id:hazakurakeita:20160222220937j:plain

まだ日本では大きく報道されていませんが、イギリスが欧州連合を離脱する可能性が高まってきた。BritainがExitするということで、Brexit(ブレクジット)問題と呼ばれているそうです。そういえばイギリスってユーロも導入してないですよね。一体彼らは何を考えているんだ??

 

原因は移民アレルギーか

欧州連合は欧州統合を目指す中での通過点みたいなもの。少しずつ各国の権限を欧州連合で統合し、いずれは1つの国となることを目指しているみたい。しかし、逆にいうと各国の権限は少しずつ奪われていく。また、多くの国々が加盟してくることにより、欧州連合内での経済格差がどんどん大きくなってしまった。そうなると、欧州連合内で貧しい国の人々が豊かな国へ出稼ぎに出てくる。欧州連合内は国境を越えて自由に人が行き来できるので、出稼ぎに行きたいと思った人は全員来る。通常ならば就労ビザを出さないなどしてコントロールできるんだけど、欧州連合内ではそれができない。その結果、現在イギリスでは各地からやって来た出稼ぎ労働者がイギリス国民の職を奪っているという批判が徐々に高まってきているらしい。

さらに昨年からはシリア問題で大量の難民が欧州に押し寄せてくる事態に陥った。これ以上人を受け入れたくないと思っていても、欧州連合が難民を受け入れることを決定するとイギリスも従うしかない。自分の国の問題なのに、自分の国でコントロールできない。これがイギリス国民の不満となり、Brexit運動のエネルギーになっているみたい。

 

移民は職を奪っているのか

基本的に移民の大量受け入れは国内経済にプラスだと言われている。昨年だけで100万人もの難民を受け入れたドイツは、その生活保護などに数兆円の社会保障費を投入する必要に迫られているらしい。短期的にはこのように財政負担が増加し、場合によっては経済を押し下げる要因になるかもしれない。しかし徐々に100万人が自立してくると、巨大な生産、税収、消費を生み出すことになり、長期的には経済にプラスになる。日本も経済浮上のために移民受け入れを主張する人々がいるのはこのためだ。100万人というと、日本では仙台市の人口に相当する。たった1年で日本に仙台市が出現すると考えると、確かに経済は大きくなるよねっていうのは簡単に理解できますよね。そして、経済が拡大するということは雇用環境も改善されるはずなので、移民が職を奪っているというのは統計的には起きないのではないかと思う。が、短期的には奪われることもあると思うので、このような不満が蔓延することは十分にあり得る。また、移民の受け入れが長期に渡って増え続けると、なかなかプラスの要因がやってこないのかも。

 

結局EU離脱は感情論なんじゃ…

どこの記事を見てもイギリスが欧州連合を離脱するデメリットはあっても、メリットはほとんどないと書いてます。そりゃそうですよね。それどころか世界経済にネガティブな影響を与える可能性が非常に高いと。うわー勘弁してくれ。結局イギリス国民は感情論でEU離脱を唱えてるだけなんじゃ…。ってあれ?これ先日言ってた右傾化の話と繋がるかも。結局イギリスも右傾化してるんですね。実際に保守派政党の支持率が伸ばしている模様。

hazakurakeita.hatenablog.com

 

やっぱし物価や経済力が全然違う国の紙幣を統一するのは経済学的に無理があったんだと思いますけどねー。結局ドイツの景気がいいのも、ドイツ人の努力とか才能うんぬんの前に経済が弱い国々が同じ経済体に組み込まれたって側面が大きいですからなー。

 

おしまい。