読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

エンジニアへの頼み事や相談は弁護士や医者に相談するのと同じなんだよ

f:id:hazakurakeita:20160512233622j:plain

エンジニアが軽視されているとは思わないけど、技術を金銭的な価値として見ることができる日本人って少ないと思う。昔も話題になったけど、今になっても変わらない。ものづくり大国だと言ってる人は多いけど、エンジニアでそう言ってる人は少ないし、言ってる人こそ技術を金銭的な価値として見ない傾向があるのではないかとも思ってしまう。というお話。

 

嘘のような本当の話

 笑い話ですが、当の本人にとっては勘弁してほしい話ですね。相手が友人だったら友情が壊れる可能性がありますし、ビジネスパートナーだったら仕事が減る可能性があります。かといって安請け合いすると、とんでもない無駄な時間を浪費するハメになる。もう詰んでますね。

 

それ弁護士や医者にも言えるか?

同じことを弁護士や医者にも言えるでしょうか?それぞれバージョンを作ってみました。

弁護士の場合

A「相続税について教えてほしいんだけど。」
B「1時間1万円で時間つくれるけど。」
A「法律が分からない人に教える、そのことがあなたにとって視点を広げることになると思うのでwin-winだし、ここは無料でいきましょう。
B「帰れ。

医者の場合

A「胃が痛いので胃潰瘍かどうか調べてほしいんだけど。」
B「診察料払ってくれれば胃カメラ使えるよ。」
A「実際の身体で胃カメラを操作できる、そのことがあなたにとって経験を積むことになると思うのでwin-winだし、ここは無料でいきましょう。
B「精神科に紹介状書いとくわ。

笑い話ですが、さっきのエンジニアへの話と同じですよ。そりゃあ弁護士や医者は先生と呼ばれて社会的地位も高いですよ。だから彼らと同額のお金を請求したりなんてしません。が、無料はないでしょう。こっちだって暇じゃないですから。

 

技術を身につけるのにいくらかかるのか

弁護士や医者は資格を取るのに多額のお金を使っている。これは正しいです。ではエンジニアはお金を使っていないのでしょうか?そんなことはないでしょう。技術書1冊買うだけで、飲み会1回分かかるんですよ?

 

Head Firstデザインパターン ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本

Head Firstデザインパターン ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本

  • 作者: Eric Freeman,Elisabeth Freeman,Kathy Sierra,Bert Bates,佐藤直生,木下哲也,有限会社福龍興業
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2005/12/02
  • メディア: 大型本
  • 購入: 14人 クリック: 362回
  • この商品を含むブログ (98件) を見る
 

 例えばこれは5千円。嫁に「ご、ごせんえん!?」って言われました。技術書なんてこんなもんですよ。この本が飛びぬけて高いというわけではありません。知らない人、分からない人の気持ちなんて金銭的な価値ないんですよ。ましてや、それが技術料と等しいと思っているなんて技術軽視も甚だしいですね。

 

メイド・イン・アジアをバカにするな

中国製、韓国製などを軽視している日本人はとても多いです。しかし、実際に中韓メーカーと競合している日本メーカーで働いているエンジニアからはそんな声は出てこないはずです。どうやって彼らの安価で性能の良い製品に対して価格優位性を持たせるのか。今も日々厳しくなってきています。それを、

  • サムスンとかパクリw誰が買うのw
  • ヒュンダイとか怖くて乗れないわwww
  • ハイアールより中古のパナのほうが性能いいわ
  • LGがソニーに勝てるわけないじゃん

なんていう声がネットで絶えません。これもある種の技術軽視です。本当にそう思っているなら、今すぐ日本のメーカーに開発者として入社して手腕を発揮してください。現場は彼らの追い上げに参ってます。だからこそ、こんな声はイラっとする。

 

エンジニアが偉いとかじゃなくて、自分ができないことができる人には尊敬の念を持つのが人として常識ですよねって話でした。

   

おしまい。