ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニアによる雑記ブログ

九州の高校は生徒に携帯電話の強制解約を執行することがあるんです

f:id:hazakurakeita:20160526225125j:plain

今回も九州の高校の恐ろしさについて書きます。今回は高校への携帯電話持ち込みについてです。今は少し緩和されたそうですが、10年くらい前は携帯電話の持ち込みは一切禁止でした。今も携帯は朝と放課後のみ使用可能で、その間は学校に預けるなど学校ごとに校則が決まってるようですね。

 

携帯電話が見つかると反省文

携帯電話が先生に見つかると没収され、反省文を書かなくてはなりません。たまに授業中に鳴らしてしまう生徒もいて、厳しい先生の授業だと事業は一瞬にして凍りついてしまいます。
 

3回見つかると強制解約

f:id:hazakurakeita:20160526223105j:plain

面白いのはここからです。3回携帯電話を没収されると高校から携帯電話の解約が命じられます。これをやらないと退学処分になるんですね。これが公立高校がやるんですから驚きです。いじめっ子も中々退学処分にならないのに、携帯電話を3回持ってきたら退学なんですからね。バカバカしいですよ。
 

携帯キャリアの対策がすごい

このような高校の対応に携帯キャリアも迷惑していました。そりゃそうでしょう。学校に持って行っただけで契約を解除されては敵いません。解約されては困る携帯キャリアと、解約したくないけど退学はもっとマズイ生徒側。さあ、何が起こると思いますか?以下は友人の実話です。
友人「すみません。学校から強制解約の指導が来たので、解約証明書を発行してもらえませんか?」
携帯キャリア「賢まいりました。こちらが解約証明書です」
友人「先生、解約証明書を持ってきました」
先生「はい。よろしい」
はい。よろしくない。
なんと携帯キャリア(正確には代理店ですね)が解約証明書を発行してくれるのです。もちろん契約は継続しています。そして嘘の解約証明書で話が収まる学校。なんなんでしょう、この茶番は。解約証明書を解約なしで発行してくれるのは、ある代理店のある店舗だけが独断で行ったことかもしれませんが、実際に聞いた話なので驚きです。
 

通学中に見つかっても没収対象

実際に携帯電話の没収があったかどうか覚えていないのですが、通学中に禁止されていたウォークマンを使っていたところを見られた生徒が、翌日没収するから学校に持ってこいと言われていました。現行犯じゃなくても没収されるんですよ。携帯電話も学外で見つかったら没収されていたかもしれません。そのときに問題になるのが、学校から一度家に帰ったかどうか。一度帰宅して制服で外出してるだけかもしれないじゃないですか?なので先生は一度帰宅したかどうかを聞いて没収するかどうか判断するんですよ。細かすぎるわ!www
 
というわけで、九州の高校シリーズでした。今までの人生で高校3年間が最もクソだったのは環境によるものも大きかったと書きながら思ってしまったなー。
 
おしまい。