ぺぷしのーげん

アプリケーションエンジニアによる雑記ブログ

原子力発電所の再稼働や脱原発を阻止する現実的な方法を考えてみた

f:id:hazakurakeita:20161001162405p:plain

 原子力発電所の再稼動が始まり、脱原発、反原発を訴える集団が大規模なデモをやっていたりします。個人的には脱原発派なのですが、仕事中に大音量で鳴り物まで鳴らされると参ります。本当にうるさい。本気で脱原発したいなら、もっと現実的な方法を考えたりしないのですかね?

 

デモが仕事の邪魔すぎる

原発のデモ隊に職場のビルが囲まれたり周辺をデモしてたりするのですが、これがうるさい。

  • 原発再稼働絶対反対!
  • 原発再稼働やめろ!
  • 原発再稼働を止めろ!!

と鳴り物と拡声器で割れた声が大音量で響き渡ります。原発止まる前に、こっちの製品開発業務が止まりそうだわーってボヤいたら社長が「それはまずい!勘弁してくれえ!!」って言ってました。国会議員に対して訴えるならまだしも、民間企業に対してデモしても効果は薄いと思うんですよねえ。てか、あれだけの大人数で暇なのかなあ?と思ってしまいます。事実、ほとんど退職世代でしたね。もっと効率的に原発廃止や再稼働中止できないか考えてみました。

 

いくらで電力会社の経営を掌握できるか

単純に原発を保有する電力会社の経営を掌握すればいいんですよね。国の政策がどうでも電力会社が原発の発電を止めれば全て済む話です。原発を保有する電力会社は全て上場企業のようなので、株を買い占めれば経営を掌握できます。

  • 北海道電力 1900億円
  • 東京電力  7000億円
  • 東北電力  6850億円
  • 北陸電力  2700億円
  • 中部電力  1兆1500億円
  • 電源開発  4500億円
  • 関西電力  9000億円
  • 中国電力  4900億円
  • 四国電力  2300億円
  • 九州電力  4600億円

原子力発電所を保有する電力会社の総時価総額は約5.5兆円となります。時価総額が5.5兆円の企業としては、日本郵政やゆうちょ銀行、ホンダなどがあります。5.5兆円という数字はソフトバンクやKDDI、三菱UFJよりは小さく、日産やみずほ銀行よりは大きい数字です。

実際には33%の株式を保有するだけで拒否権を手に入れることができますし、半分保有すれば経営は掌握できます。33%でも十分だと考えると、1兆8千億円で原発を止めることができます。実際に買収工作をするにはプレミアムを乗せた価格になりますが、50%のプレミアムを乗せても2兆8千億円程度です。これはソフトバンクのARM社買収より小さい金額です。

 

一人当たりいくら拠出すれば良いか

1人で2兆8千億円を拠出することはビルゲイツとかじゃない限り難しいですが、反原発の人々から集めたら可能な金額なのでしょうか?例えば最大規模の反原発デモでは主催者発表で20万人が参加したと言っています。20万人で割ると、一人当たりの拠出額は1400万円です。全く不可能な金額ではないですね。自分の子供のためなら出せない金額ではありません。賛同者が100万人いれば一人当たり280万円まで下がります。東京都のリコール成立には140万人の署名が必要なので、全国で100万人集めるのは現実的な数字でしょう。280万円で原発廃止になるなら安いと感じる人も多そうです。

 

280万円稼ぐのに必要な時間

2016年10月1日から東京都の最低賃金は932円になります。この時給で280万円稼ぐには3005時間働く必要があります。フルタイムで週5働くと、だいたい1年半で280万円になります。平日の昼間からデモをするのであれば、週5で1年半働いて電力会社を買収する資金を貯めたほうが合理的な気がしますね。しかもこれ、最低賃金なので実際はもっと早く貯まります。

 

というわけで、原発を本気で止めたいのであればデモをして交通渋滞を発生させたり、働いてる人の邪魔をしたり、警察官の動員で余分な税金を消費するよりは、電力会社の買収を企んだほうが現実的で意外とコストも安いかもよ?というお話でした。本当に仕事の邪魔なので大きな音を立てるのだけはやめて下さい。。。

 

  

おしまい。