ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

夫婦同姓ではなく夫婦別姓こそ日本の伝統的家族制度だったというお話

f:id:hazakurakeita:20161014001603p:plain

夫婦別姓は日本の伝統的家族制度を壊してしまうので、保守派である自民党は否定的です。女性である稲田防衛大臣ですら、家族制度を壊すので夫婦別姓は反対と言っています。しかし、彼らの言う伝統的家族制度って何なのでしょうか。調べてみました。

 

保守派の主張は弱い

ググったら全く同じ考えを書いている記事をみつけてしまいましたw

mrkmkn0422.hatenablog.com

この中で紹介されているツイートがまさに反対する保守派がよく言うことですね。

議論されている夫婦別姓は正確には「選択的夫婦別姓」というものです。夫婦別姓を強要するものではありません。上記のような考えの人は同姓にすれば良いし、そうでない人は別姓にすれば良い。それを同姓を支持するから全員同姓にしろ!というのは、この多様化の時代に誤った考えだと思いますね。本人はそのような意味で言ってるつもりはないのでしょうが、そう見えてしまいます。選択的夫婦別姓を否定する理由になっていません。

では保守派の主張する伝統的家族制度の崩壊についてはどうでしょうか?

 

夫婦同姓が伝統だなんてちゃんちゃらおかしい

これもググったら夫婦同姓が伝統だなんて虚構という記事がワンサカ出てきますね。

bylines.news.yahoo.co.jp

そもそも多くの日本人は江戸時代末期まで苗字を名乗れませんでした。夫婦同姓とか夫婦別姓とか以前の問題だったのです。また、上記記事では苗字を持っていた特権階級ですら夫婦別姓だったと述べています。だから真の保守派なら夫婦別姓を主張するはずだというのです。これには笑ってしまいます。リベラルとされる民進党が全くリベラルな主張や動きができていないのと同様に、保守とされる自民党も保守的な主張ができていないのには驚きです。

 

伝統的家族制度の崩壊以外の反対理由

参照記事から保守派の他の反対理由を並べてみましょう。

  • 婚外子が増える
  • 離婚が増える
  • 表札があげられない
  • 墓が守られない

ここら辺は保守とリベラルが対立しそうなものばかりですね。リベラルな僕としては全部どうでも良いことです。本人がそれぞれ決めることで、憲法や法律で規定するのにではありません。多様化のこの時代に反しています。欧米では婚外子が全体の半数を超える国も少なくありません。むしろ、婚外子が増えることを問題と考えるのは差別と偏見があるのではないかとも感じてしまいます。とにかく選択的夫婦別姓を認めることで離婚が増えたり墓が守られなくなるというのは論理的ではないですし、反対理由にはならないと思いますねー。

 

   

おしまい。