ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

加計学園と今治市の獣医学部新設は何が問題なのか全容と経緯をまとめました

f:id:hazakurakeita:20170619002544j:plain

こんにちはKeitaです。テレビもネットニュースも政治面は加計学園で持ちきりです。個人的には政治スキャンダルはあまり追わないので、森友学園がいつの間にか加計学園に変わってて全然ついていけません笑。しかし先日のニュースで、鉄壁の壁で手も足も出ないと野党が嘆いていた菅官房長官が完全に追い込まれ、完全敗北の会見を連発し始めたあたりから目を通すようになってきました。今回は個人的な理解のもと、加計学園問題をまとめてみることにしました。

登場人物

加計学園

加計学園は複数の大学や高校などを運営経営するグループ企業体です。

今治市

加計学園とタッグを組んで今治に獣医学部を誘致しようとしている地方自治体です。

京都産業大学

京都にある理工系学科に強みのある私立大学です。

京都府

京都産業大学とタッグを組んで京都に獣医学部を誘致しようとしていた地方自治体です。

文科省

獣医学部新設の許可を出す省庁です。医学部や獣医学部の新設には厳しい規制を布いています。

内閣府

安倍総理大臣をトップとした政権を補佐する省庁です。

安倍総理大臣

この国の最高責任者です。

加計学園問題の流れ

10年以上前から獣医学部の新設を提案

今治市は、

  • 半世紀以上獣医学部の新設がなされていないこと
  • 四国に獣医学部がないこと

上記2点を主な理由に少なくとも2007年には国に提案していました。しかし、その後の政権交代もあり実現には至らず。2012年に生まれた第二次安倍政権の国家戦略特区を使って今度こそ今治に獣医学部を!となっていたようです。

2016年末に京都府と京都産業大学が挙手

しかしここにきて京都府と京都産業大学が獣医学部新設に名乗りを上げます。長年のロビー活動を行ってきた加計学園にとっては脅威だったかもしれません。しかし、短期間で京都の獣医学部新設は無しということに。

京都の短期間による脱落が不可解と話題に

この決定が不可解ということで野党が追及、調査したところ安倍総理の意向と圧力を思わせる発言が文科省から流出し、政府は怪文書と一蹴。しかし、文科省が怪文書ではなく発言は事実と公表することにより政府側の発言も苦しくなり、ついに内閣府とともに文書は間違いだと苦しい弁解、そして共謀罪を強引に通して追及の場を設けず逃げ切りを図り自体は泥沼の様相となります。

問題の論点

なぜ京都は短期間で脱落したのか

京都が短期間で脱落とされたのは、新設条件に地域に既存の獣医学部が存在しないことという条件が加えられたためです。大阪に獣医学部があるため京都府と京都産業大学は条件に合致せず脱落することとなります。しかし、この条件は内閣府の萩生田光一・官房副長官の指示で作られたものと文科省の資料から明らかとなり、やはり加計学園ありきで進んでいたのではないかという疑惑が生まれました。さらに加計学園の理事長が安倍総理大臣と親密な仲であり、そこから加計学園有利な条件が加えられたのではないかという疑惑に発展します。もし総理大臣という権力を利用して友人に利益を与えると、これは大問題です。これにより、お隣の国の韓国では大統領が逮捕される事態にまで発展しています。

なぜ政府は隠そうとするのか

文科省から流出した「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」という記録は直接的に違法性のあるものではありません。単純に規制緩和を推し進めろという命令は合理的で何も問題ありません。しかし、問題がないはずの発言を必死で政府は隠そうとしてきました。怪文書と言ったり、資料が間違ったりと言ったりしています。この必死さに与党の公明党も首を傾げ、自民党の支持層も「え?なんかやましいことがあるの?」となってきてしまっています。

現段階で想像できる問題の真相

政府の初動対応の失敗

アベノミクスの3本の矢の1本である規制緩和は大きな成果を未だ得られずにいます。学部新設もその規制緩和の1つなのですが、文科省の圧力が強くなかなか実現しません。そこで国家戦略特区という方法で文科省を飛ばして新設を推し進めようとしていたわけです。ここで政府と文科省には軋轢が生まれていたのかもしれません。実際に2017年の2月には天下り問題で文科省にはキツイお灸が添えられたばかり。今回の資料流出は文科省から政府に対する報復ではないかという声すらあります。この文科省の反抗が政府にとって予想外で、何ら違法性のない事項に対する野党の追及を無視して短期間で乗り切ろうと油断してしまった可能性があります。森本学園の追及で疲弊していましたし、同じことはもう懲り懲りという思いもあったかもしれません。

獣医師会も新設に反対?

自民党の支持基盤の1つである獣医師会が獣医学部の定員増に強く反対していたという話もあります。特に京都は大阪に近く、自民党としても反発が激しく断念して京都産業大学が不可能になる条件を追加した可能性があります。しかし、まだ存在しない地域を優先して新設するという考えには何ら違法性も問題もありません。

加計学園の理事長が安倍総理と親密なため優遇されたのか?

もしかすると、この疑問を持たれるのを嫌って野党の追及を無視し短期間での終結を図ったのかもしれません。「まだ存在しない地域を優先して新設」という条件の追加は加計学園の優遇と追及される可能性があり、それを嫌ったのかもしれません。しかし、文科省の反乱により下手に隠した結果、疑惑がより拡大することとなってしまいました。

また、このような経緯で選ばれた加計学園の理事長が総理大臣と個人的な付き合いがあるのは出来過ぎた話だと思う人も多いかもしれません。しかし考えてみてください。安倍総理の家系は複数人の総理大臣を輩出している名家です。幼少期から政財界と繋がりがあったでしょうし、その人脈は一般人が想像できないほど広く深いものだと推測できます。このため、安倍総理と全く接点のない人が表舞台に立つことのほうが難しいのではないでしょうか。親しそうな写真や、自宅での写真があれば「親密じゃないか!怪しい!」となりますが、安倍総理ともなるとどうなんですかね。自宅に人を呼ぶというのも仕事なのかもしれません。先日の手越祐也さんと強盗犯とのツーショットが話題になったケースと似たような形で不要な疑惑を作られたケースもあるでしょう。

まとめ

  • 加計学園と今治市は10年以上前から獣医学部新設を国にお願いしていた
  • 文科省は獣医学部を新設したくない
  • 安倍政権は獣医学部を新設したい
  • 安倍政権が加計学園を優先することは理にかなっていて違法性はない
  • 安倍政権は森本学園問題で疲弊していたため、加計学園は問題化したくなく無視で早期解決を図った
  • しかし文科省の反乱により初動対応は失敗となり泥仕合に発展してしまった
  • いまさら加計学園の優遇に違法性はないと言えなくなってしまった\(^o^)/
  • 公明党や自民党支持層すら疑惑を否定できなくなってきている

参考

加計学園が選ばれて京都産業大学が選ばれなかったのは当然の結果 - ナイスミドルになりたい

なぜ京都産業大学ではなく、加計学園が選ばれたのか――公開資料から検討する - 論考・自論