読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺぷしのーげん

大企業からスタートアップに転職したアプリケーションエンジニアのブログ

ブロガソンを初開催で初参加して分かったこと|メリットとデメリット

f:id:hazakurakeita:20160212003211j:plain

ブロガソン無事に終わりました。書いた記事は5時間で7記事。目標達成できず。想像以上に大変でした。。

とにかく疲れた

想像以上に大変でした。3記事書いただけで疲れてしまいました。日々記事書いていますが、どうやら自分が思っていた以上に集中して書いていたみたいです。正直5記事目は手を抜いた感が否めない笑。 
7記事目は再び気合を入れて書きました。そのせいで燃え尽き症候群を発症してしまい、以降筆が全く進まずタイムオーバー。ここら辺になると記事タイトルと本文の不一致が大きくなって何度も書き直すループに陥っていました汗。
 

文字数の推移

クオリティを測るには不適切ですが、記事の文字数推移をグラフ化してみました。

f:id:hazakurakeita:20160212002426p:plain

おー、2記事目をピークに見事な右肩下がり笑。さっきも言ったように、5記事目は文字数的にも手を抜きすぎてます。しかし、再び気合を入れて書いた6記事および7記事目も4記事目を下回っていますね。気合を入れても前回の文字数を抜くことはなかったと。これはなかなか興味深い結果ですね。やはり連続して書いていると集中力と体力がなくなっていくようです。次回は記事ごとに使った時間も記録してまとめてみたいですね。

 

ブロガソンのメリット

1日1記事がいつもギリギリなので、できるだけ需要がありそうな内容を選んで書いてきました。しかし、ブロガソンだと数多くの記事を書くので、需要が高くなさそうな記事も書くことができました。需要のない記事を書いてもSEO的に不利だと思われるかもしれませんが、僕が需要がないと思っているだけかもしれません。また、そういう書きたいけど先送りしていた記事を書けたという満足感も得られます。その点はブロガソンはとても良いですね。いつもは書けないジャンルにも手を出しやすい。
 

ブロガソンのデメリット

デメリットはないと言っても過言ではありません。強いて言えば時間のかかる記事は先送りにしがちになるということ。時間に制限がありますから、データを集計したりグラフを描く記事というのはやりにくく感じます。このためブロガソンの目的を数を稼ぐが有りきにするのも危険ですね。
結論としてブロガソンやってみて良かったかというと、答えはイエスです。思った以上に多くの方に参加していただけましたし、反応も非常に良かったです。できれば月一開催くらいで定例化していきたいなーと考えています。それまでにライティング技術をきたえるぞー!!
 
おしまい。