ぺぷしのーげん

ITエンジニアが興味本位で調べたことをまとめる雑記ブログ

ドコモの高い料金をプラン変更したらデータパケット上限は4倍になって料金は20%も安くなりました

f:id:hazakurakeita:20181006181226p:plain

どうもこんにちは、未だにケータイはドコモと契約している情弱の僕です。確かにドコモは高いのですが、なんだかんだで使い続けています。とはいえプラン変更でもっと安くできるのでは…と思ってプランを見直してみたら20%も安くなってしまいました…。

なぜドコモのSIMを未だに使っているのか

職業柄電波は必須だから格安SIMは辛い

格安SIMは大手キャリア(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)の電波の一部を格安で卸してもらうことで成り立っています。このため同時接続や通信量に制限があり、人が多い場所では速度低下や全く繋がらなくなることがあります。アプリ開発者としては、そんな貧弱な回線でいいのか…というところがあります。開発中に自分のiPhoneで動作確認するときも大手キャリアの電波で行ったほうがいいですからね。

長距離通勤で電波はとても大事

あとは長距離通勤なので電波はとても大事です。電波がなければただの牢獄です。ドコモ回線でも最近は千代田線の電波が弱いので困ってます…。

www.pepsinogen.blog

ドコモの料金プランの変更前後の比較

ドコモの変更前のプラン

  • カケホーダイプラン 2,700円
  • データパック(5GB) 4,200円
  • 端末分割金 1,400円
  • iPhone補償 800円
  • 消費税 600円

ざっくり上記のようなプランでした。合計9,910円で毎月1万円の出費です。ちょっと高いですね。

ドコモの変更後のプラン

  • シングルプラン 980円
  • データパック(20GB) 3,800円
  • 端末分割金 1,400円
  • iPhone補償 800円
  • 消費税 600円

ざっくり上記のようにプラン変更しました。合計7,670円で毎月8,000円の出費です。変更前より2,000円安くなったので20%の値下げ達成です!

ドコモのプラン変更で何が安くなったのか?

変更前のプランで最初に目を付けたのは電話のカケホーダイプランです。月に1度も電話をしないこともあるのに、かけ放題で月々2,700円も払っていました。何でこんな契約になっていたのか理解に苦しみますが、明らかに無駄な契約です。ドコモの通話プランには下記の3つが用意されています。

  • カケホーダイプラン 2,700円
  • カケホーダイライトプラン 1,200円
  • シングルプラン 980円

カケホーダイプランは誰と何分通話しても固定金額です。カケホーダイライトプランは5分以内なら誰と通話しても固定です。5分以上から従量課金となります。シングルプランは最初の1秒から従量課金(20円/30秒)です。つまり1ヵ月1時間も通話しないならシングルプランのほうがお得です。シングルプランでも家族間の通話は無料ですし、飲食店や企業への電話はだいたいフリーダイヤルなので十分な人が多いと思います。この通話プランの変更だけで20%の値下げをほぼ達成したのでした。

f:id:hazakurakeita:20181006181226p:plain

7月にプラン変更したので8月から2,000円安くなっています。7,670円になっていないのは通話の従量課金がプラスで乗るためです。

ドコモの料金を大きく安くするためのワナ

ドコモの通話プランとデータパックの組み合わせには制限がある

カケホーダイプランをシングルプランに変更するだけで2,000円も安くなるのですが、そう簡単にはドコモは認めてくれません。なんと、通話プランをシングルプランにするとデータパック(5GB)は選択できません。データパック(20GB)を選択しなければシングルプランにはできません。なんだそれ…。

ドコモのXiウルトラデータLパック(20GB)は当然高い

データパック(20GB)の正式名称はXiウルトラデータLパックというのですが、料金が6,000円です。つまり、カケホーダイプランをシングルプランで安くしてもデータプランが高いプランしか選べないようになっています。意味がない…。

ドコモの料金をプラン変更で20%も安くする方法

家のインターネットをドコモ光に切り替える

データパック(20GB)の料金は6,000円なのですが、実際には3,800円しか払っていません。これはドコモ光の割引がかかっているからです。変更前後のデータパケット料金の内訳を比べてみましょう。

ドコモの料金プラン変更前のデータプラン
  • データパック(5GB) 5,000円
  • ずっとドコモ割 -800円
ドコモの料金プラン変更後のデータプラン
  • データパック(20GB) 6,000円
  • ドコモ光セット割 -1,400円
  • ずっとドコモ割 -800円

はい。家のインターネットをドコモ光に切り替えるとケータイのデータプランが1,400円の割引になります。これがケータイ料金が20%も安くなったカラクリです。家のインターネットはフレッツ光だったので、手続きも簡潔でインターネットそのものの料金もほぼ変わりません。それよりもデータパックが5GBと20GBで基本料金が1,000円しか変わらないことにも驚きましたけどね。あとはカケーホーダイとデータパケットどちらを優先するかでプランが変わってきますが、電話は全くしないですし、パケットが5GBから20GBになるのはかなり嬉しかったので、ドコモ光切り替えとセットでプラン変更しました。

まとめ

  • ドコモは通話プランを安くしようとするとデータプランが高くなる
  • ドコモはドコモ光を契約するとデータプランが安くなる
  • ドコモのデータプラン(20GB)はかなり安い
  • 通話プラン変更とドコモ光契約で2,000円安くなったのにパケット4倍(5GB→20GB)に増えた

ケータイの料金プランというのは本当に複雑です。ドコモ光の営業電話はかかってきていましたが、このケータイプランと同時変更をしないと意味がないですね。営業電話に従ってドコモ光への切り替えだけやっていたら損したままだったかもしれません。